>

信頼できる弁護士を知ろう

頼りになる存在がいる

風評被害に遭った時、最も頼りになるのは弁護士です。
独自のルートを使って、ネットに書き込みをした犯人を特定してくれます。
自分の力では、まず犯人を特定することが難しいです。
掲示板の管理人に犯人を見つけてもらう方法もありますが、その方法はかなり長い時間がかかります。
管理人が犯人を探している間に、情報が拡散されてしまいます。

嘘の情報が拡散されるのは、誰だって嫌ですよね。
弁護士なら、短時間で見つけられます。
また仮に犯人が見つかっても、自分が直接訴えて聞き入れてくれるでしょうか。
犯人を特定しただけでは、まだ風評被害を収めることはできません。
そこから、法的な手段を使ってください。
こちらが本気で困っていることを、理解してもらいましょう。

再発を防ぐ目的

最初は、自分が相手にと直接訴えることで風評被害が収まったかもしれません。
ですが少し時間が経過すると、再び被害が始まるかもしれません。
キリがないので、最初から弁護士に相談して、法的な手段を使った方がいいです。
するとこちらが本気だということを、照明できます。
法的な手段を使えば相手に罰を与えることもできます。

犯人もそのような目に遭ったら、もう嘘の情報をサイトに書き込もうと思わないでしょう。
風評被害に遭ったら再発を防ぐためにも、弁護士に相談してください。
自分が風評被害に遭っていないか、定期的に確認してください。
頻繁にチェックしていれば、すぐ風評被害に気づけるはずです。
弁護士に相談するのが早いと、解決も早くなります。


この記事をシェアする